バイナリーオプションは手数料はどうなるのか

FXの業者を比較する時には、よく手数料がポイントになります。手数料が安いかどうかに注目して、各業者を比較している方も多いです。しかしバイナリーオプションの場合、また事情が異なります。オプション取引の場合、取引手数料は発生しないからです。

FXの取引をする時の手数料

FXには、スプレッドという手数料があります。FX業者のサイトを見ますと、たいていレートが2つ並べて表示されています。その2つのレート分の手数料が発生する訳です。
ただスプレッドの数字は、業者によって異なります。スプレッドが比較的広く開いている業者もあれば、狭い業者もあるのです。後者のように狭い業者の方が、取引コストを低く抑える事ができますし、スプレッドを比較している方も多いです。
またFX業者によっては、取引手数料がかかる事もあります。自動売買で取引する時などは、別途で手数料がかかる事もあるのです。各社は、その数字も異なります。

バイナリーオプションの取引手数料は何円か

ところでバイナリーオプションも、外貨の動きを活用する金融商品ではあります。ただこの商品の場合は、取引手数料という概念はありません。
そもそもバイナリーオプションの取引画面は、明らかに通常のFXとは異なります。2つ並べて表示されている訳ではありませんし、手数料はかからない仕組みになっているのです。
ですからバイナリーオプションの場合、あまりコストは気にする必要はありません。それだけに、FXという金融商品よりもお得であると見なされている事もあります。

出金手数料は業者によって異なる

ところでバイナリーオプションで取引をした後は、最終的には口座から出金する事になります。それは通常のFXも同じですが、基本的には銀行口座に出金してもらう事になるのです。実はその出金は、バイナリーオプションの業者を選ぶ基準の1つになる事があります。
多くの金融会社では、出金する時に手数料はかからないシステムになっています。入金する時も、無料になる業者が多いです。
ところが、たまに例外的な業者があるのです。指定回数を超えた時には、出金手数料がかかる金融会社もありますから、注意が必要です。
現にあるバイナリーオプションの業者の場合は、初回の出金は手数料はかかりません。2回目以降は手数料がかかるようになっています。
何回もバイナリーオプションで取引するなら、出金回数が比較的多くなる事もあります。その場合、出金手数料は各業者を比較する基準の1つになるでしょう。

未分類

Posted by admin