バイナリーオプションのおすすめについて

日本で初めてバイナリーオプションを用意したIG証券。世界中の取引所ネットワークをカバーする事で、豊富な数の取引銘柄を取り扱っています。国内でただひとつ、FXは当然、主要株価指数(日経平均、NYダウ)、コモディティー(金、原油)もバイナリーオプションで取引できます。さらにバイナリーオプションの種類もラダー、レンジ、ワンタッチがあり豊富です。1回当たりの取引ロット数や、1日当たりの取引ロット数に上限がなくアクティブなトレーダー向きの取引ルールとなっています。代表的なものが「ラダーオプション」。目標レート(権利行使プライス)が判定レート(満期)より高いか・低いかを予見します。さらに、多彩な時価シーンで利益を狙う事が可能なのが「レンジオプション」と「ワンタッチオプション」です。

「レンジオプション」は判定時内の為替レートの推移が、あらかじめ設定されたレンジ内で収まるか否かを予想します。ワンタッチオプショ」は判定時内の為替レートが、あらかじめ設定された目標レートに一度でも到達するかを予見します。特にこのところFX出資居宅の間で注意されているのがノックアウト・オプション。いつものバイナリーオプションと合わせて口座申請・開設ができるなので、こちらも参考にしてみてはどうでしょうか。バイナリーオプションを取り扱う国内プロでは、バイナリーオプション費用が移り変わりするチケットをショッピングする仕組みになっています。ショッピング分しか出資できないので、FXのようにレバレッジをきかせて実のところの出資額以上のお金を出資する、といった事はできません。例を挙げると、600円を払って、2時後(判定時刻)のドル円が「100円より低い」と予見したとします1回分のチケット調達のペイアウト代金は1000円に固定。

2時後(判定時刻)に予見が外れ、ドル円が「00円より高いケースは600円が没収されます(600円のロス)。一方、予想どおり「100円より下」なら1000円が支払われます。損益計算が手を焼くFXと差異、仕組みは非常にわかりやすいと言えるでしょう。なお、FXの時、時価の急変により考えもしなかった方向にレートが動いてしまい、想像以上のロスを被る事がありますが、バイナリーオプションはあらかじめ損益の奥行きが決まっているので支払ったお金(買い物費用)以上に損をする事はないのです。

貴方は数時後(判定時刻)にドル円が「100円より高くなる」と考慮し、実のところにドル円が大きく上昇したとします。その事例、たとえ「105円」になったとしても、バイナリーオプションの時、「100円01銭」の事例と利益(ペイアウト費用)は変化しません。上昇したか、下落したかで決断され、上がり奥行きや下がり奥行きを無視されてしまうという事は、利益が限定されてしまうという悪い面でもあります。その上、日本国内プロのバイナリーオプションは一つの回号(出資機会・取引時)が2〜3時である事が多々あるので、自由な時軸での決断ができなくなってしまうのも悪い面となります。自らの優れているな時軸、または自由な時軸(※スキャルピングやデイトレード、スイングトレード、長期トレード)で利益の確定と損切りを行いたいという人には、いつものFX取引のほうが向いているでしょう。

未分類

Posted by admin