バイナリーオプションの口座開設と取引するまでの流れ

バイナリーオプションの取引をするためには、口座開設は必要です。そこは、通常のFXとあまり変わりません。ただバイナリーオプションの場合は、知識テストを受ける必要はあります。

サイトへのアクセスとフォームへの入力

バイナリーオプションの申し込みをしてから口座開設するまでの流れですが、まず1段階目は金融会社の公式サイトへのアクセスです。殆ど全ての金融会社は、WEBで手続きを受け付けているからです。
2段階目は、指定フォームへの入力です。上述のサイトにアクセスしますと、必ずと言って良いほど口座開設というボタンがありますから、まずクリックします。すると色々な情報を入力するフォームが表示されるので、順次情報を入力していく訳です。
その際、入力ミスしないよう注意する必要があります。入力ミスしたからと言って、口座開設がお断りになる訳ではありません。しかし入力内容に不備がありますと、事務作業に時間がかかってしまう事があります。口座開設が遅れてしまいますから、正確性を心がける方が良いでしょう。

書類のデータ送信とパスワード受け取り

フォームに入力したら、そのデータを金融業者に送信します。さらに、本人確認書類のデータも提出する事になるのです。
どうやって提出するかというと、基本的にはWEBになります。スマホのカメラやデジカメなどで書類の写真撮影を行い、まずは画像データを作るわけです。そのデータを金融会社に送信すれば、一旦書類提出は完了です。金融会社によっては、書類のコピーなどでも問題ない事もあります。いわゆる郵送です。
そしてデータを受け取った金融会社は、申し込み者に対する審査を行います。特に問題なければ、金融会社からパスワードなどが送付されてくる訳です。ちなみにパスワードは、原則として郵送になります。本人限定の郵便で届きますから、それを受け取って指定サイトにログインする訳です。ただし海外業者の場合は、WEBでパスワードを受け取ることもできます。

取引する前に知識テストを受ける

そしてバイナリーオプションの場合は、知識テストも受けなければなりません。ログインすれば完了ではありませんから、注意が必要です。
もちろん知識テストで一定の成績を記録しないと、取引を始めることはできません。求められる知識は、ややハードルは高いという声もあります。
ただ知識テストには、制限時間はありません。何かを見ながら解答する事もできますし、じっくり問題を解いていくと良いでしょう。そしてテストで問題なければ、取引できる状態になります。

未分類

Posted by admin