投資を行うことの目的

日本では株式投資を始めとして様々な投資の形がありますがまず投資を行おうと考えたときに何を目的にするかと言うことがポイントになります。

もちろん資産を投資する以上はある程度のリターンを求める事は言うまでもありません。しかしながらそのリターンの形がどんなことになるのかそれが投資の形によって変わってきます。もちろん、純粋に企業や商品、サービスを応援したいから投資を行って側面支援をすると言う考え方もあります。
この応援と言う考え方で最近非常に盛んになっているのがクラウドファウンディングではないでしょうか。上場できない、株式を発行できないような企業に対して支援を行うものです。株式市場を通すことなくクラウドの上で投資を募り、事業やサービスに対して賛同できるようであれば1口あたりいくらと言う形で投資を行い、リターンは配当性向や株主優待券ではなくそのサービスを優遇してもらえると言うような形になっています。
実際様々な自然災害があった現場での事業を再び復興させようと言う場合にクラウドファウンディング立ち上がろうとします。具体的にはご当地の商品やサービスを全国に広めていくための資金調達です。クラウドファンディングとしてこの事業が成立すれば、リターンとしてご当地の商品やサービスが投資家に届けられることになります。
そしてわかりやすいものとして現物投資になります。根強い人気を誇っているのが金への投資です。いつの時代も金はその価値を失うことなく毎月少しずつでも積み立てていくことによって資産価値は上がっていくことになります。超低金利時代においては銀行に貯蓄をするよりも金に投資を行って積み立てていく方がリターンは大きくなるでしょう。
さらに、本格的に投資を始める前に試験的に行うポイント投資も最近では市場が大きくなりつつあります。実際にはお買い物をした際にお釣り、通信キャリアを利用した際に発行されるポイント、インターネット上のポイントサイトを利用した際のポイントなどを投資に回すと言う考え方です。特徴としては非常に小学からでもスタートすることができ、リスクも非常に少ない店です。なんといっても自分自身の資産を投じるわけではなく、あくまでも生じたポイントを投資するので仮に値下がりしたとしても大きな損益が生じるわけではありません。
あくまでもどのように投資をするかを試験的に体験するということがポイントになっています。
あくまでもどのように投資をするかを試験的に体験するということがポイントになっています。