新たな働き方をスマホを使って

2020年はコロナウィルスの影響もあり新たな働き方が企業にも働く側にも求められる時代になりました。
これまで以上にいつでもどこでもビジネスチャンスが転がっている時代になります。このキーワードを思い起こすとスマートフォンを活用することが非常に重要な時代です。
例えば時間の使い方を有効にしようとすれば、美容院やネイルサロンといった施設の利用にあたってもユーザ側に対してスマートフォンで空き時間を提供しきめ細かくサービスを行うことによって、ユーザの囲い込みをすることが必要になってくるでしょう。
同じようにアルバイトに関しても登録済しておけば、空き時間とアルバイトの内容、場所を一般公開し、働く側に対して非常にフレキシブルな環境を提供することによってスマートフォンから登録をすることが可能になれば非常に働きやすい環境を提供することができます。
特に、最近では在宅勤務、さらには働き方改革によって実績重視になったり、副業が許されるようになり、青色申告等のルールさえきちんと守ることができれば誰でもスマートフォンを活用して登録制のアルバイトや業務を受けることができるようになったのは大きな時代の変化だと思います。
そして、これは業界を問わずあらゆるところで進んでいくことも大きなポイントだと言えるでしょう。
では、ビジネスを提供する側にとってこのようなフレキシブルな働き方を提供すること、その時に利用してもらうことのメリットは何でしょうか。まずはなんといっても働く人間が少なくなっている以上、働き手にとってフレキシブルな環境を提供してあげることになります。人手不足はあらゆる業界であげられるのか、このようにスマートフォンを活用して便利な環境を提供しなければなかなか人が集まらないのが今の雇用市場になっています。
もちろん、システムを構築する側、利用する側にとっては手数料の形でビジネスが成立することになります。手数料が取られたとしても利用する側にとっては雇用者を確保するほど重要な問題はありません。そしてそれをつなぐのがすべてスマートフォンになっていると言えるのではないでしょうか。2020年を転機としてこのような形でビジネスが進んでいく事は間違いないと思います。
そして、今後はこのような雇用システムに対してどのような付加価値をつけていくことができるかが構築半にとっては非常に大きな差別化になっていくのではないでしょうか。